膝痛み薬

膝痛や関節痛に効くと言われる、一般用市販薬が最近多くなっています リョウシンJV錠、トンデケア、ビタトレールど
MENU

膝痛には絶対にコレがおすすめ!薬やサプリを紹介します!!

 

 

「朝起きてから夜ねるまで、ずっと膝の痛みと戦ってます」
「痛くなくても、不意に立ちあがる時に絶対膝が痛いんですよね」
「若い子のようにスタスタとは歩けません」

 

年を取るにつれて、体のあちこちにガタがきますよね。膝もそのひとつ。膝痛に悩まされている人は多いはずです。整形外科では骨は見てくれますが、その周りの組織がどうなっているのかまでは見てくれません。結局、湿布で症状を抑える、という初歩的なことしかできないのです。

 

お医者さんでもどうにもならないなら、民間療法という手もあります。自宅に居ながら簡単に治るならその方が手っ取り早いかもしれませんね。
ではここで、医療機関で治療する場合からサプリメントまで、膝痛に効く方法を一挙ご紹介しましょう。

 

 

<病院での治療方法・治療薬>

 

体のどこが痛くなっても、普通は病院に行きますよね。膝も例外ではありません。膝に痛みを感じたら、まず病院に行くことをおすすめします。では、病院で処方される薬や、どんな治療を行うのかをご紹介します。

 

≪内服・外用薬≫

 

◆オピオイド系

 

◇モルヒネ

 

痛みの原因を小さくするのではなく、脳への伝達をシャットダウンすることで痛みを抑える鎮痛薬です。
内服、注射、湿布、座薬などその人の症状に合ったものが処方されます。

 

◇モルヒネの副作用
モルヒネを使用すると副作用が出ることがあります。便秘や眠気など軽度のものから、不眠や痙攣、厳格など重度のものもあります。
通常、医師の指示に従って正しい用法用量を守って使えば重度の副作用が起こることはほとんどありません。しかし、それらを守らずに長期に渡り多量に服用し続けると副作用も重度になる傾向があります。
モルヒネは医療用麻薬ですので、服用には十分注意が必要です。

 

◆非ステロイド系(NSAIDs)

 

◇ボルタレン

 

PG(プロスタグランジン)と呼ばれる痛みを司る物質の活動を抑えます。痛み自体は軽減されますが、炎症などの患部を治すことはできません。
内服、テープ薬、塗り薬などで処方されます。

 

◇ボルタレンの副作用
胃がムカムカしたり発疹が出る場合があります。これは胃の粘膜を保護するPG(プロスタグランジン)の活動を抑えたために出る症状です。
長期間、多くの量を服用しつづけると胃潰瘍、アレルギーなどを発症することがあります。

 

◇ロキソニン

 

最も一般的な解熱・鎮痛剤です。PGE2、PGI2という炎症による痛みを軽減させます。炎症自体を治すことはできません。
内服、テープ、塗り薬などで処方されます。

 

◇ロキソニンの副作用
ボルタレンと同様の副作用があります。

 

◆神経系

 

◇リリカ

 

神経障害性疼痛薬です。NSAIDsでは効かない神経系の痛みに有効です。ただし、モルヒネと併用は副作用が出る可能性が高いため注意が必要です。
内服薬のみ処方されます。

 

◇ブロック注射
膝痛がひどくて歩くことができない、という場合、ブロック注射を行うことがあります。
注入する成分は、主に@局所麻酔剤、Aアルコール、Bステロイド剤です。どこに痛みがあるのか、痛みはどの程度か、によって選ぶ成分が異なります。

 

ブロック注射は、今すぐ痛みから解放されたい!という重症の患者に鎮痛剤として用いられます。ただし、これは一時ではなく、長く見据えた方法とも言えるのです。なぜなら、ブロック注射は、痛みで凝り固まった患部の筋肉をときほぐし、血流をよくする、という作用があるからです。
なお、ブロック注射は関節自体には効果的ですが、それ以外の部位には効果はありません。

 

◇疑似関節注射
ヒアルロン酸を関節に注射し、関節をスムーズに動かすことを目的とした注射です。保険適用される治療です。
対象となるのは、関節にある軟骨が変形する変形性膝関節症や、膝の軟骨がすり減って炎症を起こす膝蓋軟骨軟化症などです。

 

関節と関節が擦れて痛かった膝も、スムーズに動かせるようになるので炎症が治まります。炎症が治まるので痛みも軽減される、ということです。

 

この疑似関節注射は、ヒアルロン酸という元々体内に入っても特に問題のない成分が使用されています。ですので重い副作用はほとんど見られません。

 

 

≪市販薬≫

 

病院で膝痛などで処方されるロキソニンやボルタレンという薬の名前を聞いたことはある人は多いでしょう。実際、テレビCMで放送されている市販薬の名前でもあるのです。

 

膝が痛い人は病院に行くまでも大変ですし、長い待ち時間も苦痛、薬をもらうまでに薬局でさらに待ち、結局一日がかりだった、というケースも多く見られます。こんなに大変な思いをして薬をもらうなら、近くのドラッグストアで同じような薬を買ってしまおう、という人も少なくありません。

 

◇ロキソニンS

 

病院で処方されるロキソニンとほぼ同じものが薬局などで手に入ります。
購入の際、薬剤師の説明が必要となる第2種医薬品となります。副作用の可能性も考えられる薬ですので服用する際は注意が必要です。

 

◇ボルタレンEXシリーズ

 

膝以外にも肩コリ、腰痛にも効く薬です。塗り薬やテープなど症状別に合う形状が販売されています。通信販売でも購入が可能です。

 

 

≪膝の痛みに効く薬はコレ、第3種医薬品でのランキング≫

 

膝の痛い人にとって、病院に行くことはとても大変です。病院に行くことで膝が余計に悪化してしまう、なんてこともあり得ますよね。
そんな人におすすめなのが通販です。今は第3種医薬品はネットの通販で購入が可能です。これを利用すれば煩わしい病院通いが止められますよ!

 

通販はドラッグストアとは値段設定が異なることがほとんどです。定期購入なら初回のみお買い得価格だったり、毎月割引があったり、お得です。

 

また、膝痛そのものを治す、というよりも膝の痛みを軽減する成分、例えばビタミンCやヒアルロン酸などが含まれたサプリメントに近いものが多いのが特徴です。

 

それがゆえ、自分に合うのはどの商品なのか、情報が多くあり過ぎて選ぶのが困難という意外なデメリットもあるようです。
ではここで、膝痛に効果がある第3種医薬品についてランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

膝痛み薬

リョウシンJV錠の特徴

<有効成分>
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
(フルスルチアミンとして) 109.16mg (100mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして) 103.58mg (100mg)
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg

価格 1,900円
評価 評価5
備考 初回限定価格です。2回目以降は通常価格ですが継続購入割引制度あり
リョウシンJV錠の総評

CMでお馴染みのリョウシンJV錠、膝の痛みによく効きます。その理由は、フルスルチアミン塩酸塩。これが配合できるギリギリまで入っているからです。

フルスルチアミンとは、何となく聞いたことはあるけど、いったい何?と思っている人もいるでしょう。実はビタミンB1誘導体なのです。

ビタミンB1は健康維持には欠かせない成分で、脳や神経の働きを正常に保つ作用があります。これが減少すると、神経通や関節通などが起こるのです。

もうひとつの代表的な成分はγオリザノールです。これは自律神経と深く関わる成分です。 自律神経は、ご存知の通り交換神経と副交感神経が交互に覚醒することで体が成り立っています。どちらかのバランスが崩れると体調不良を引き起こします。さらに交換神経が優位に立ち過ぎると筋肉や神経が緊張状態となり、血の流れが悪くなります。それにより関節痛や関節炎を引き起こすのです。

色々な角度から膝痛を改善させるので、原因が何であれ膝痛がよくなることは間違いありません。

サプリメントはあくまで健康食品ですので、効果があったとしても、2〜3ヶ月は飲み続けないとダメです。

私も初期はまずこれを飲みながら、グルコサミンサプリを併用しました。
早急に痛みに対しての効果を期待するのであれば、初回限定格安価格のリョウシンJV錠をおすすめします。

膝痛み薬

トンデケアの特徴

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)・・・・・・・・・・・・・109.16mg (フルスルチアミンとして・・・・・・・・・・・・・100mg) ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 100mg シアノコバラミン(ビタミンB12)・・・・・・・・・・・・・ 1,500μg ビタミンEコハク酸エステルカルシウム・・・・・・・・・・103.58mg (dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして・・・・・・・・・・100mg) ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・60mg パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・30mg ガンマ-オリザノール・・・・・・・・・・・・・・・・10mg ※添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、タルク、炭酸Ca、乳酸Ca、ケイ酸Ca、カルメロースCa、セルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、アラビアゴム、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、リボフラビンリン酸エステルNa

価格 3675円
評価 評価4.5
備考 初回限定25%OFF価格(税抜き価格)
トンデケアの総評

面白いネーミングが目を引くトンデケア
あきさんや親方のテレビCMでも最近有名な商品
ここにある他の商品よりは後発組になりますので、必要な成分はしっかり押さえた成分を配合しています
リョウシンJV錠との違い <有効成分>ニコチン酸アミド60mgがトンデケアに入っているところ <初回価格>トンデケアの方が初回は割高
定期購入価格で割引が、1回目で定期購入の停止可能!!

膝痛み薬

北国の恵みの特徴

■配合されている成分
□構造の崩れていないプロテオグリカンを配合
□分解されにくい非変性U型コラーゲン配合
□ヒアルロン酸配合

かつては1g3000万円と言われたプロテオグリカン配合

価格 480円
評価 評価4
備考 初回モニター価格なので10日分のみです。通常価格は5,960円
北国の恵みの総評

注目の成分プロテオグリカン使用


グルコサミンはプロテオグリカンという軟骨成分に含まれるごく一部に過ぎません。
今まであまりに高価だったため、一般的には使用できなかった成分プロテオグリカン。
これまで破棄されていた鮭の鼻の部分から大量に抽出することに成功したことがニュースでも話題となっていました。
遂にこうしてサプリメントとして私たちの手の届くところに!
グルコサミンを越える成分として早くから配合することに成功した注目の商品です。

膝痛み薬

プロテウォークの特徴

<主な成分>
グルコサミン   30mg/3粒(1日分)
コンドロイチン  30mg/3粒(1日分)
プロテオグリカン 50mg/3粒(1日分)
U型コラーゲン 50mg/3粒(1日分)
ヒアルロン酸    5mg/3粒(1日分)

販売ページに表示している各種成分量は1袋全部での配合量ですので注意

価格 3,140円
評価 評価4
備考 上記は定期初回価格 2回目以降は6,280円(+税)
プロテウォークの総評

まさに全部入り!
そのぶんやや価格が高めなのがネックではあるものの
お試し価格は半額でお買い得♪

グルコサミン・コンドロイチンに注目の新成分「プロテオグリカン」を配合!
つらい関節の動きをサポート!

▼ 片足立ちで靴下がはけない
▼ ちょっとした段差でつまずいたり転んだりする
▼ 階段の上り下りが辛い
▼ 15分くらい続けて歩けない
▼ 荷物を持って歩くのがしんどい
▼ 家のやや重い仕事がしんどい
こういった、「ロコモ」の症状が思い当たる方に!

グルコサミンをはじめとした、各成分がバランス良く配合されたサプリメント
注目はプロテオグリカンを1日当たり50mg摂取できるところ。

1日3粒(目安)だから飲みやすく毎日続けられるます。

 

1位 リョウシンJV錠

 

CMでお馴染みのリョウシンJV錠、膝の痛みによく効きます。その理由は、フルスルチアミン塩酸塩。これが配合できるギリギリまで入っているからです。

 

フルスルチアミンとは、何となく聞いたことはあるけど、いったい何?と思っている人もいるでしょう。実はビタミンB1誘導体なのです。

 

ビタミンB1は健康維持には欠かせない成分で、脳や神経の働きを正常に保つ作用があります。これが減少すると、神経通や関節通などが起こるのです。

 

もうひとつの代表的な成分はγオリザノールです。これは自律神経と深く関わる成分です。
自律神経は、ご存知の通り交換神経と副交感神経が交互に覚醒することで体が成り立っています。どちらかのバランスが崩れると体調不良を引き起こします。さらに交換神経が優位に立ち過ぎると筋肉や神経が緊張状態となり、血の流れが悪くなります。それにより関節痛や関節炎を引き起こすのです。

 

色々な角度から膝痛を改善させるので、原因が何であれ膝痛がよくなることは間違いありません。

 

2位 ビタトレールEXP

 

リョウシンJV錠のジェネリック薬品です。
ジェネリック薬品は製法だけが違うだけで成分や添加物の種類は同じです。つまり、リョウシンJV錠と同じ効果が得られると考えてよいと思います。

 

ジェネリック薬品=安いと思われがちですが、この薬に限ってはそうではありません。購入方法が限られているので、まとめて購入する場合はリョウシンJV錠よりも高くなります。

 

もしどうしても安く買いたい!という人は、1瓶づつ購入してください。そうすればリョウシンJV錠よりは安くなります。まとめて購入する方が手間はかかりませんが、手間がかかっても安くあげたい、という人には1瓶づつがおすすめです。

 

 

≪関節痛に効くサプリメント≫

 

どんな薬を飲んでも治らない膝痛。生活に支障が出て困る、という人も多いのではないでしょうか。
病院で処方された薬は、長期間飲み続けることは難しいですし、痛みそのものの原因を取り除くことはできません。

 

痛みそのものの原因はまた別の方法で治すとして、それに由来する痛みは対処療法で抑えるしか方法はありません。膝や関節によく効くグルコサミンやコンドロイチンなどを積極的に摂取し、膝がスムーズに動くよう努めましょう。

 

 

 

 

このページの先頭へ